なんで青汁って言うんだろう?

みなさんは、青汁って飲んだことがありますか?
私も、何社かの商品を飲んだことがありますが、一言で青汁と言ってもその成分や原材料が違います。

うーん、マズイ!で有名なキューサイさんにやずやさん、ファンケルさんなど様々ありますが
私のお気に入りは、ファンケルさんの冷凍青汁か粉末青汁で、手軽な粉末を今も愛飲しています。

今では、ジュースで溶かずに、お湯やお水で溶かして飲めるようになりました。
冷凍も、解凍したものをそのまま飲んだこともありますが、りんごジュースなどで溶いたほうが、おいしくゴクゴク飲めます。
それでも、栄養素の高い本物の青汁の中では、飲みやすいほうだと思います。

キューサイさんの青汁を飲んでいた方にオススメしたところ、ファンケルさんのが飲みやすいと言われてました。
そして、粉末よりも冷凍の栄養素は断然に高いです。
若葉大麦とか、ケールでないものが原材料のものは、栄養素が比べて低いのを以前調べたことがありますが
ケールのみの青汁だと、他の栄養素が取れないという記事も見たことがありますが
例えば、カルシウムや鉄分という栄養素の高さは、ケールのみでも充分だったと、私はファンケルさんを自負しています。

話は変わりますが、青汁というものを愛飲しはじめるより早くに
実は私が始めて青汁というものに関わったのは、実はケール農家さんでケールの収穫を手伝った経験でした。
毎年冬の収穫の時期に、知り合いの農家さんにアルバイトを頼まれ、雪が降る寒い中など
畑の中でカマを振りかざして、一生懸命にケールを収穫しました。
これがなかなかの重労働で、カマの使い方が下手なので変に力を使い、手首を痛めたり腰を痛めたり
作業はカッパをかりて上下、洋服の上から着るのですが、寒いのでホッカイロを足や腰に忍ばせておりました。
ひと通りかり終わると、収穫したケールをコンテナに詰める作業をするのですが
始めてのとき、驚いたのですが、ケールをギュウギュウに押し潰して、これでもか!というくらいに詰め込むのです。

ケールを潰す、ということにすごく抵抗を感じたことを覚えています。
普通は、潰さないようにお野菜って詰めますよね(笑)
こんだけの作業をするので、お天気がいい日は、汗をかいていましたが
なぜか私がお手伝いに行く日は、雪など寒い日が多くて体は冷え込み、アルバイトが終わってから
自宅に帰りお湯をためて、湯船に浸かれるまでの待つ時間が、とても辛かった記憶があります。
重労働で体は冷え込む、そんな苦労をして収穫していた青汁を、初めて飲んだときはちょっと感動しました。
もちろん、ファンケルさんは契約農家さんでのケールを使用されているので、自分が収穫したケールではないのですが。
そんな経緯もあってか、なぜか青汁には親近感がわく私でした。

出典:青汁でニキビ改善?私の試したレシピ